でじとなにっき

myデジタルおもちゃを始めとする生活メモ帳です。

お盆におもうこと

わたしの実家は、
お盆という行事を一切しない家でした。

「我が家は「神道」を信仰してるので、仏教のイベントであるお盆はスルーなんだ」
という内容のことを父から言われて育ちました。
お葬式や法要のときもお線香を焚かずに護摩を焚きます。

 

神道ではお盆はやらないわけではないみたいで、
祭壇にお供物を供えたりするみたいですね。
おそらく、この手の行事に意義を見いだせない父の大義名分だったのでしょう。

 

我が家は先祖代々神道を信仰してるわけではなかったと聞かされています。
ご先祖様にお線香が嫌いな人がいて、
「わたしの葬式には線香は焚かないでほしいので、
我が家の信仰する宗教は、今日から神道にします。仏教はやめます」
と、宣言したと、子供の頃に聞かされました。
ずいぶん思い切ったご先祖様がいるんだなぁと、
子供の頃に面白いと思ったのでした。
その話は、江戸末期の話だったと聞かされたはず。

 

そんな昔話を聞かせてくれた祖母が亡くなって久しく、
大人になって、多少世の中の事柄を理解できるようになったのに、
確認する手立てをなくしてしまいました。

 

ご先祖様のまつわるものに、
我が家には「遺書」が残っていました。
その遺書は、わたしが子供の頃は箪笥に無造作にしまわれていたので
変な紙切れがあるなぁと、ひっぱりだして撫で回して同じところにしまっていました。

 

20年くらい前に、うちの父が、
「この遺書は、歴史的に価値があるから、
然るべきところで保管してもらおう」
と、言い出して、
どこかの歴史館に寄贈したという話をちらっと聞いたことあったのですが、
わたしが自分の実家とは疎遠になっているので
詳しいことを知りたいとも思わず記憶の彼方に置いてきていました。

 

ふと、あの遺書はどうなったんだろう?
と、思って、妹にきいてみたところ、
大津歴史博物館に寄贈したそうで、
HPに収蔵品として記載されていまいた。

www.rekihaku.otsu.shiga.jp

 

慶応元年(1865)閏5月、膳所藩の首脳部(保守派)は、藩内の尊王攘夷派が、折から上洛途上、膳所城に宿泊予定の将軍徳川家茂を暗殺する計画をもっているとの嫌疑をかけ、一斉検挙に踏み切った。彼らは獄中で、墨や筆紙を与えられなかったことから、花紙をこより状にして文字を書き(貼り付け)、辞世の和歌や漢詩を詠んだ。短冊には、文字だけではなく、梅花などの絵も描かれており、和歌などの筆勢にはすさまじささえ、感じられる。同年11月21日には死罪の厳しい判決が下され、上級武士であった保田正経ら4名は切腹、高橋正功、高橋幸佑、増田正房7名の下級藩士が斬首に処せられた。この短冊には、正功、幸佑、正房の署名があり、上級武士とは別の牢獄に一緒に繋がれていたのだろう。

 

わたしのご先祖様は、謀反人として斬首刑になったということでした。
斬首と決まってから、牢獄で筆もない中で書かれた遺書だったと知って、
子供の頃に箪笥の中から引っ張り出して撫で回したことを反省いたしました。

 

斬首になったご先祖様の生きていた時代は
仏教やめた、神道にしますと信仰する宗教を改めた話の時代と一致するので、
このご先祖様が神道に改めた人なのかもしれません。

尊王攘夷派に属したご先祖様が神道に傾倒するのもなんとなく納得。

牢獄の中で、どんなことを考え、どんな決意をしたのだろうと思うと
150年以上昔のご先祖様を思って胸が苦しくなります。

 

宗教を改めたのは、
1868年の神仏分離令の時なのかもしれません。
もし、そうだとしたら、
残された家族になにか思うところがあったのでしょうね。

 

大津れきはくのHPに写真をアップしていただけたことは
大変うれしく思いました。
機会があったら、大津までもう一度見に行きたいと思いました。

実際に触ったことがあるわたしが覚えていることは、
新聞紙より遥かに固く厚い紙でした。
花紙とかかれていますが、便所紙だったと聞かされています。

Rakutenmobile解約しました

 

k-tai.watch.impress.co.jp

 

「Rakuten UN-LIMIT VII」は、月額980円~月額2980円(税抜)の変動制となる。一方で、これまでのプランとは異なり、0円で利用できる幅がなくなる。7月1日に改定される。

 

大変。

なんとなくサブ回線として契約した楽天モバイル。
(初回限定のポイント欲しさに契約したとも言えるが・・・)

このまま行くと、7月には980円になってしまう。
回線としては全くつかっていないので、
無駄金を払うことに。
ってことで、
早速解約。

 

 

 

 

古本の栞?

 

先日、ブックオフオンラインでExcelの参考書を買いました。

 

数日して届いたのですが、
発送は、本を所有してたと思われる福島県の店舗でした。

 

パラパラとめくっていたら間に封筒が挟まっていました。
封筒の中身は、産業能率大学の修了証でした。
多分元の持ち主が栞代わりに使っていたのでしょう。

 

さて、その修了証、どうしたらいいんだろう。
封筒には、受験された方の住所と名前が入っていました。

A案:だまってその住所のその人に送ってしまう
B案:届いた封筒にブックオフ福島☓☓店の住所と電話がかいてあるのでそこに電話
C案:なかった事にしてシュレッダーかけて捨てちゃう

 

さすがにC案は良心がとがめました。
A案でもよさそうですが、今もその人がその住所に住んでいるとは限らなし、
B案で買い取ったであろうブックオフに連絡したら、売った人に連絡してくれるかも
という期待で、ブックオフ福島☓☓店に電話をしてみました。

どうやら、マニュアルにない事態らしく、電話にでたおにーさんはしどろもどろ。
「ブックオフオンラインで購入した場合は
ブックオフオンラインのマイページから返品手続きをおねがいします」
と、方向違いな返事が来ました。
「いえ、返品はしないんですが・・・」
「その場合でも、ブックオフオンラインに連絡してください」
とのことでした。

 

うーん、このままいくとブックオフオンラインでも同じことがおきないか?

 

とこまっていたところに、友達からD案が提供されました。

D案:産業能率大学に相談

 

それだ!
ってことで、連絡してみました。

発行元なら本人の電話やメアドしってるだろうから、
今の住所わかるかもだし、
再発行可能なので捨ててくれって言ってくれるなら
心置きなくシュレッダーかけられる。

 

結果、産業能率大学で預かってくれるそう。
(その後、その修了証をどうするのかはわかりません)
「着払いの封筒を送ります」
とのこと。

 

届きました。

とても速やか。

 

わたしも、古本として売るとき、クリーニングに出すときは、
なにか入れてないか確認しようと思いました。

保護猫と暮らす#2【譲渡までの流れ】

保護団体からの譲渡で我が家に猫がやって来ました。
最近、保護団体がたくさん増えたような気がします。
心優しい人がたくさん現れたのか、
なにか儲かる仕組みがあるのかちょっとだけ疑ってしまうところもあります。
(真偽はわかりません)

 

譲渡の流れ

  1. 申込み
  2. お見合い(譲渡会などに参加)
  3. アンケート(審査
  4. 譲渡先の環境の審査
  5. トライアル
  6. 正式譲渡

という流れになることが多いみたいです。

 

審査について

これまで不幸な生活をしてきた猫が
もう二度と不幸にならないようにという目的でやっているアンケートのようです。
・名前
・生年月日
・住所(持ち家、または、ペット可な賃貸なのか。広さなど)
・同居人の人数や続き柄、年齢など。
などについて答えなくてはなりません。

保護団体によっては、60歳以上しかいない世帯はダメ、独身はダメ(同棲生活も不可)、赤ん坊や小さな子供がいる人はダメ と、結構厳しいです。
先日見ていた動画で、
「じゃ、一体誰が譲り受けられるの?」という疑問を投げかけていましたが、
中学生以上の子供を持つ夫婦・または子供が独立したかいないがまだ60歳にはなっていない夫婦に限るって話ですよね。
わたしがお世話になった保護団体さんは、多少の相談はできるみたいですが、
それでも、「そこまでプライベートに踏み込んで来るんだ?」という
ちょっとした違和感はありました。

余談ですが、実際に猫が来た時に、猫と譲り受けた人の写真を撮りますと言われ
写真嫌いのわたしはお断りしたかったのですが、
空気を読んで我慢したわけですが、その写真いるの?
何のために撮ったんだろう?と、かすかな不快感がありました。
写真を撮るのが必須だと聞かされていたら、受けなかったかも。

 

家庭環境の審査が通ると、
次は、住居環境の整備が整っているかという審査にはいります。
窓という窓に脱走防止内窓をつけたか、
適正な広さのゲージは準備したか・・・など。
玄関やベランダ入り口には、
180cm以上の脱走防止ゲートが必要だったりと、
思いの外、お金と労力がかかりました。
そして、我が家はリビングにヨガシートを敷いてあったのですが、
猫が噛みちぎって食べてしまうとのことで、
カーペットの新調もしました。
このあたりは、予定外の出費だったので、かなり痛かったです。

 

トライアルについて

大抵の保護団体の譲渡では、「トライアル」という期間をもうけているようです。
わたしがお世話になった所もトライアルがありました。
このトライアル中に不備があれば、猫の譲渡は白紙に戻るそうです。
おわたしした譲渡金から引取の時にかかる交通費を差し引いた金額を戻してくれるとのこと。
このトライアルですが、期間は2週間程度がおおいようです。

実はこのトライアル期間に、我が家に来た猫は全くなれる様子がなく、
わたしが近づくとゲージの隅に行って、
ゲージの柵を必死でつかんで、顔だけこちらに向けて涙目(←そう感じた)で怯えてました。
過去に飼った猫たちは、すぐになれて、
わたしが帰ってくると、玄関まで走り寄ってきてたので、
この涙目をみたら、「無理やり連れてきてごめんね」と、謝りたくなりました。
あんまりかわいそうで、トライアル期間が終わりの日に
「この子は、お返ししたいと思います。悲しそうで気の毒です」
と、保護団体さんにはお伝えしました。
すると、
「ご飯はたべてるみたいだし、排泄もできてるから、大丈夫。返されても困ります」
という意味のことを言われ、
譲り受けた方が無理と感じたときの意見は無視なの?
と、かなりびっくり。
トライアルとは、譲り受けた人が虐待しないか?というテスト期間なのかもしれない。
結局そのまま、正規譲渡ってことになって、はや3ヶ月が経ったわけですが、
実は、未だにわたしの姿をみると一目散に逃げて行きます。
でも、なぜか寝ている時はそばにくるのです。
死んだと思って油断しているのかな・・・。
猫も人間も諦めた部分ができてきて、生活できています。

譲渡契約書

トライアルで猫が我が家にやってきた時に、
契約書を書かされたのですが、
この契約書って、どんな効力があるものなんでしょう。

いろんな大人の都合があるので、
昔のように、猫がすきなら好きな子つれていけばいいよ
というわけには行かないとは思うのですが
なんだか、疑問も残る事務を感じたことを正直に記しておきます。

 

まとめ

かなり保護団体の人がプライベートに踏み込んでくるという覚悟が必要。
脱走防止フェンス・ゲージなどでかなりお金がかかります。
譲渡金はたいてい一律のようです。
避妊手術がおわっていないと別途お金がかかるので、避妊手術がおわっているのか確認が必要。
トライアル期間に、譲渡が白紙に戻る条件を確認しておくと吉。

保護猫と暮らす#1【初期費用】

今年2月に、猫の保護団体さんの譲渡会を覗いたのがきっかけで
猫と暮らすことになりました。
何十年も前に、猫を飼ったことがあるのですが、
時代の変化と飼育する社会の違いなんかもあって、
戸惑うことも多々ありました。

メリット・デメリットを含めて、
考えたことを書いてみようとおもいます。

これから、保護猫さんをお迎えする予定のある方の参考になったら嬉しいです。

 

初期費用

保護猫の殆どがミックス(要するに雑種)です。
血統証付きの高級猫をお迎えするわけじゃないので、
初期費用のことはほぼ考えていませんでした。

 

わたしがお支払いした初期費用は、約10万円でした。

 

内訳

玄関用脱走防止バリア 18,480
ゲージ 12,980
ベッド 1,889
ドリンクボール 1,245
猫トイレ(ゲージ用) 1,527
猫トイレ(リビング用) 2,874
食事用お皿 1,480
猫砂 500
キャットフードドライ 2,420
キャットフードウェット 857
ハンガーラック(脱走防止に流用) 6,980
ワイヤーフェンス突っ張り棒(脱走防止に流用)等 10,000
譲渡金 35,000
合計 96,232

 

上記以外にも、爪切りや猫のおもちゃなど、
細々した出費がありました。

 

 

 

 

脱走防止用バリアやフェンスですが、
絶対必要とのことで、
自分で組み立てられるものを玄関用に購入し、
ベランダや窓は、
突っ張りハンガーラック、百均のワイヤーフェンス、突っ張り棒、結束バンドを駆使して自作。
器用な人だと、DIYするのでしょうけど、自信がなかったので、
だいぶ苦労して作りました。(2週間くらいかかりました)
脱走防止フェンス等については、別途記事にしようと思います。

猫トイレには、2種類あるということを知らず、間違えて買ったものもあるので
上記に加えて余計な出費があります。
猫トイレは、
尿を吸い取って固まるタイプの砂を使うタイプと
尿を吸い取らずに網目状の床の下に流れてペットシートに吸い込ませるタイプが
あるようです。(システムトイレと呼ぶようです)
どちらがいいのかはわかりませんが、
リビングでは猫が用を足してるところがみえないトイレを採用したくて
買ったトイレが固まる砂を使うタイプでした。
猫の頭数+1のトイレが理想だそうなので、
リビング用とゲージ用の小さいものを購入しました。

 

ゲージは、
「余裕のあるものでないと、猫がストレスを感じます。
幅90☓奥行き65☓高さ125 以上のものがよい」
と、言われ、見た目が白いものを希望だったので、
若干小さいのかもしれないけど、86☓61☓130のゲージを購入。
ゲージの組み立ては大変でした。
そして、最初こそゲージの中で震えていた猫ですが、
今は、機嫌の悪い時に籠城する時以外使われることはなく、
正直すごい圧迫感です。
猫ゲージのレンタルや、不要になった物をお安く譲っている方もいるのですが、
前に使っていた猫が病気を持っていなかったかどうかを考えると
新品が妥当だと思いました。
あとあとの圧迫感を考えたら、もうちょっとスリムなゲージでも良かったのかなぁ。

 

猫ベッドは必要といわれて、
お手入れが楽そうな、カバーが外れるタイプを買いましたが、
猫がしゃぶっているので、中のクッションも結局洗うので、
カバーが外れなくても良かったと思っています。
寒い時はすっぽり体を沈めて使っていたのであったほうが良さそう。

 

水飲みボウルは、
ゲージにガッチリはめ込むタイプで、
猫がひっくり返すことがなくよいというお話で
おすすめ商品をチョイスしましたが、
水垢つくし、毎回分解して掃除してるので
結構だるいです。
お皿等に水をいれておいてあげて、ひっくり返されたときのストレスと
どっちが楽なのかわかりません。
食事のお皿は、割れないものを採用しました。
こちらは、比較的良かったとはおもうんですが、
うちの子は、早食いでご飯を3分くらいで食べちゃうので
家庭に余ってるお皿でも問題なかった気がしてます。

 

餌については、保護主さんおすすめのものを引き継いでほしいとのことで、
言われるまま同じものを買いました。
餌については、別途記事にしたいと思います。

 

譲渡金が高いのか安いのか、全くわかりません。
何度か病院につれていって、
猫エイズ・猫白血病・寄生虫・ノミ の検査と
ワクチンを受けて、さらに、避妊手術をうけているそうです。
その費用と、我が家に来るまで保護主さんのところでの生活費と
譲渡当日の交通費を含めた金額になるそうです。

 

まとめると・・・
今どきの都会で飼う猫は、
脱走防止対策が必要で、思いの外お金がかかりました。

 

 

植物を育てることになりました。

植物をいただきました。

いつも枯らしちゃうので、今度こそ育つといいなぁ

アイビー

f:id:rurikax:20220311164343p:plain

greensnap.jp

 

ブラックベリー

f:id:rurikax:20220311164458p:plain

lovegreen.net

 

ラズベリー

f:id:rurikax:20220311164725p:plain

greensnap.jp

 

ツルニチニチソウ

f:id:rurikax:20220311164555p:plain

lovegreen.net

 

 

多肉植物(ミセバヤ?)

f:id:rurikax:20220311164643p:plain

greensnap.jp

 

ハツユキカズラ(シロタエギクかも?)

f:id:rurikax:20220311164817p:plain

www.shuminoengei.jp

 

ヒマツリ

f:id:rurikax:20220311164855p:plain

greensnap.jp

 

名前不詳(もしかしてこっちがハツユキカズラ?

f:id:rurikax:20220311165002p:plain

www.shuminoengei.jp

 

ベリー2種をプランターで外でそだてて、

ツルニチニチソウと、名前不詳(ハツユキカズラ?)を
玄関前の土のところでそだてて、
シロタエギクを郵便受けの下あたりで。

多肉植物2種をトイレにつくった棚のところに鉢植えで。

アイビーはハイドロカルチャーで。

 

明日、ベリー用のプランターを買ってこよう。

Thanks to reading my blog.