でじとなにっき

デジタルなおもちゃ大好き。Yotaphoneに恋をしたので、Yotaphoneの備忘録をかねてブログを開設しました。ダイエットネタと手作りネタが多めの普通の日記です。

itunesの修復

ウィンドウズpcのitunesが、数カ月前からデバイスを認識しなくなっていました。
ipadをUSBで繋いでも、デバイスにでなくなったのです。

 

PCの再起動→変化なし
ipadの再起動とコネクターの接続しなおし→変化なし
itunesのアンインストールと再インストール→変化なし

 

どこかのページに、「すべての周辺機器を全部抜いて確認する」というのを読んで
めめめめ、めんどくさい!! 勘弁して!
と、放ったらかしにしていました。

 

しかし、きのう、やっぱり直したいと思ったのです。
丸1日粘ったのですが、どうしてもできなくて、
そうだサポートに電話してみよう と、思ったのは20時でした。

普通のサポートは、こんな時間までやってないから、当然APPLEもやってないよね?
と、思いつつサポートの電話番号をさがしました。

 

どこにも、時間のことが書いてなかったので、試しに電話をかけてみました。

国内からかける場合:0120-27753-5

 

なんと、20時という遅い時間であっても、サポセンにつながりました。
オペレータのおねーさんが、丁寧に対応してくれます。

ipadのシリアル番号を言うと、
「長年のご愛用ありがとうございます。
 すでに、無料サポートの期間を過ぎておりますので、修理になる場合は有料サービスになります」
とのこと。
ええ、3年使ったipad。長年というにふさわしい年月ですが、まだまだ現役です。
そもそも、ipadが壊れたのではなく、PCのitunesがデバイスを認識しないはなしなので、修理は発生しないとおもうしね。

 

ってことで、内容を必死で説明したところ、
バイスを認識しなくなったときの修復方法はAPPLEのページにちゃんとかいてあるそうなんですが、そのページにアクセスするためのURLをメールで送ってくれるとのこと。

すぐにメールが来て、リンクをクリックすると、

このページが開きました。

 

どうやら、アンインストールするときに、APPLE関連のソフトをすべてアンインストールしなくてはいけないようです。

iTunes
Apple Software Update
Apple Mobile Device Support
Bonjour
Apple Application Support (32 ビット)
Apple Application Support (64 ビット)

この6つ!

 

これらのアンインストールと、最新のitunesのインストールは一人でできそうとのことを伝えると、それでも直らなかったときは、続きのサポートが受けられるようにとのことで、受付番号を伝えられました。

 

すべてアンインストールして、最新itunesのインストールしたところ、
無事、デバイスは認識されるようになりました。

夜遅い時間に、丁寧に教えてくれたサポートのおねーさんありがとう。
欲を言うと、電話の音声が少し聞き取りづらくて、何度も聞き返したことが数回ありました。おねーさんのお名前も聞き取れなかったし・・・。
改善してくれたらうれしいなぁ・・・

 

 

バイスは認識されるようになったのですが、まだ、気になることが・・・
さらに、サポートに電話するか悩むところです。
気になることの詳細は以下

 

たとえば、winPCでネットをみていると「このAPPアプリが便利」なんて、記事に出会うわけです。

よし、早速導入してみよう!

 

f:id:rurikax:20160622081632p:plain

 

と、APPアプリをダウンロードというボタンを押すわけです。

 

すると、

 

f:id:rurikax:20160622081733p:plain

 

該当のアプリのページに辿り着くのですが、
上部に「itunes11をダウンロード」という文字がでて来ます。

 

いや、itunesは導入済みだって!

と、アプリの下にある「itunesで見る」ボタンを押します。

 

f:id:rurikax:20160622081922p:plain

 

すると、このページが開いてしまうのです。
何が何でも、itunesをダウンロードしなさいと言うわけです。

 

以前は、そのままitunesがひらいてDLできたんだけどなぁ・・・。
ひも付けがうまく行ってないってことなんでしょうか。

 

itunesで検索すればいいという事に気づいたので、

まぁ、いいか。

と、半ばあきらめモードです。
このひも付けがきちんと動くようにするために費やす時間がもったいない気がしてきたので。

Thanks to reading my blog.